食費を15000円に抑える方法:出来る男の節約術

食費

こんにちは、宅食オタクのてるです。

本記事では、食費を15000円に抑えるための基本情報から、具体的なコツまで紹介します。

ところで、みなさん、食費を出来るだけ抑えたいと考えていませんか?

食費は、外食やコンビニなどの軽い出費など、出費の回数が多く管理が難しいです。

しかし、食費にばかりお金を使ってしまうと、貯金や好きなことにお金が使えません。

解決策としては、まとめ買いや旬の食材を選ぶ、冷凍保存を活用する、コンビニへの行き来を控えるなどのコツがあります。

また、自炊せずに食費を抑えたい人は、食事の宅配サービスを利用することも一つの手段です。

本記事では、食事を抑えたい方に向けて、基本情報や具体的なコツを紹介します。

ぜひ参考にしてください。

食費を15000円に抑えるための基本情報

まとめ買い

まずは、節約するため基本的な考え方を抑えましょう。

  • 週ごとに使う予算を決める
  • 週1回まとめ買い
  • 買い物リストを作る

順番に解説します。

週ごとに使う予算を決める

まずは、週ごとに使う予算を決めましょう。

食費を節約する上で、週ごとに予算を立てることは大事です。

1か月の食費が15000円と考えると、1週間あたり3000~4000円を目安に使えばOK

週の終わりか頭に、次週の食費を計画することがポイントです。

また、つい買いすぎてしまうことがある場合は、現金3000円だけを持ってスーパーに行ってみましょう。

予算内で購入することで、無駄な支出を避けることができます。

週1回まとめ買い

週1回のまとめ買いは食費を15000円に抑えるために意識すべき方法です。

時間と食費の節約ができます。

また、週1回のまとめ買いする時は、1週間以上保存できたり、冷凍ができる食材を積極的に選びましょう。

例えば、野菜や肉、魚などは長期保存が可能で、よくまとめ買いします。

また、缶詰や調味料なども用意しておくと、急な出費や食材の不足に備えることができます。

週1回のまとめ買いを通じて、食費を抑えることができます。

買い物リストを作る

買い物に行く前に、買い物リストを作るのも重要です。

スーパーでの買い出しでは、セール品が多く目につくため、つい余計なものを買ってしまうことがあります。

特にお菓子など、ついつい手が伸びてしまうものもありますよね。。。。

しかし、買い物リストを作成しておくと、必要なものを事前に決めておくことができ、余計な買い物を防げます。

また、買い物自体もすぐに終わり、時間の節約にもなります。

買い物リストを作成することで、無駄な買い物を避けながら食費を抑えることができます。

時間とお金の節約につながり、一人暮らしの食事管理を効率化することができます。

食費を15000円に抑えるコツ①作り置き

食費を15000円に抑えたいなら、作り置きをしましょう。

実際、毎回の食事を1つずつ調理するのは、時間とコストが結構かかったりします。

(2人暮らしや他に家族がいる方は、自炊をした方がいいです。)

作り置きをすることで、一度に多くの食事を調理し、余った分を保存しておくことができます。

たとえば、週末に時間を取って料理を行い、冷蔵庫や冷凍庫とかに入れておきましょう。

冷蔵庫や冷凍庫に保存すれば、平日の忙しい朝や帰宅後に手軽に食事を温めるだけで済みます。

作り置きを行うことで、無駄な時間やコストを節約しながら、食事を楽しむことができます。

食費を15000円に抑えるコツ②レトルトや缶詰を利用する

スーパーマーケット

自炊が面倒なときには、レトルトや缶詰を利用しましょう。

忙しい日々や疲れているとき、自炊が面倒に感じることはよくありますよね。

しかし、こんなときこそ、コンビニ等に頼らず、レトルト食品を利用して、食事を済ませちゃいましょう。

レトルト食品や缶詰は安価でありながら種類も豊富であり、一人暮らしの方には重宝する食材です。

また、基本的に長期保存もできるため、買い置きしておけばいつでも利用することができます。

面倒なときにはレトルトや缶詰を上手に活用することで、手間をかけずに食費を抑えることができます。

食費を15000円に抑えるコツ③旬の食材を選ぶ

トマト

食費を抑えるためには、旬の食材を積極的に取り入れることが重要です。

旬の食材は、時期になると、市場に豊富に出回り、通常よりも安価で手に入れることができます。

また、その時期に収穫された食材は新鮮で風味豊かであり、味も格別です。

さらに、食材の栄養価も高く、健康にも良い影響を与えます。

例えば、夏野菜のトマトやナス、秋の味覚であるかぼちゃやサツマイモ、冬にはほうれん草やカリフラワーなど、旬の食材は季節ごとに異なります。

これらメインの食材を利用して、旬の味を楽しむだけでなく、食費を抑えることが可能です。

食費を抑えるためには、食材の旬を意識して選ぶことが大切です。

旬の食材を活用することで、リーズナブルに食事を楽しむことができ、食費の節約にもつながります。

食費を15000円に抑えるコツ④冷凍保存を活用

カレー料理

冷凍で保存できる食材を活用することで、食費を抑えることができます。

一人暮らしの男性が食費を抑えるためには、買い出しの回数を減らすことが重要です。

冷凍食品など冷凍で保存できる食材を利用することで、買い出しの頻度を減らし、食材の無駄を減らすことができます。

私はチーズやキノコ、お肉、豆腐などを冷凍して保存しています。

特にお肉は、大容量のお肉を一度に買ってきて、必要な分だけ使いながら残りを冷凍保存して使っています。

冷凍で保存できる食材を積極的に活用することで、食費を15000円に抑えることが可能です。

食費を15000円に抑えるコツ⑤コンビニには行かないと決める

コンビニ

食費を抑えたいときは、コンビニの利用は要注意です。

コンビニは便利な反面、食費を抑える上での誘惑が多い場所です。

甘いスイーツやホットスナック、お酒など誘惑が多く、ついつい無駄な支出をしてしまうことがあります。

毎度300円程度の購入でも、毎日行ってしまうと、月にすると1万円を超えることもあるでしょう。

食費を15000円以下に抑えたいときは、コンビニに行かないと心に決めましょう。

自炊しないで食費を15000円に抑えたい人へ

お弁当

自炊せずに食費を15000円に抑えたい人へ、食事の宅配サービスの利用を検討してみてください。

食事の宅配サービスは、めちゃくちゃ便利なサービスです。

冷凍されたおかずやお弁当が自宅に届くため、料理の準備や買い物の手間を省くことができます。

また、調理は電子レンジで加熱するだけで済むため、手軽に食事を楽しむことができます。

さらに、片付けも容器を捨てるだけで済むため、時間と手間を大幅に節約できます。

たとえば、仕事で忙しい日や疲れた日に自炊することを考えてみてください。

献立を考えたり、調理したりと、かなり面倒ですよね。。。。
宅配サービスでは、自炊より手軽に食事が摂れます。

食費を抑えつつ手間をかけずに食事を楽しみたい一人暮らしの男性にとって、食事の宅配サービスは有効な選択肢です。

自由な時間を増やしながら健康的な食事を摂ることができるため、積極的に活用してみる価値があります。

自炊しないで食費の節約はできる?食生活を手軽に楽しむ方法

食費の宅配サービスのメリット

チキンステーキ

ここでは、食事の宅配のメリットを紹介します。

  • 食費を節約できる
  • 手軽に料理を楽しめる
  • 食事にかける時間が圧倒的に少なくなる
  • 栄養バランスにも気を使える

順番に解説します。

食費を節約できる

食費の宅配サービスを利用することで、食費を節約することができます。

食費の宅配サービスは、利用料が固定化されているため、食費の管理がしやすくなります。

また、1食あたり500円以下のサービスもあるので、1か月利用するとちょうど15000円になります。

また、食費の節約だけでなく、料理の手間や時間も省くことができるため、忙しい一人暮らしの男性にとって便利なサービスです。

1食当たり500円以下で利用できるサービスを下記の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

一人暮らしのスマートな選択!​【ワタミの宅食ダイレクト】​で健康的な食事を

手軽に料理を楽しめる

食費の宅配サービスを利用することで、手軽に料理を楽しむことができます。

食事の宅配サービスでは、調理は電子レンジで加熱するだけで済みます。

また、片付けも容器を捨てるだけで済むため、手間をかけずに食事を楽しむことができます。

さらに、メニューは自分で選んだり、ランダムで配送してもらったりすることも可能。

たとえば、アレルギーや好き嫌いが多い人は、個別に選んだメニューを注文することができます。

一方で、いろんな料理を楽しみたい人やマンネリ化したくない人は、ランダムで配送してもらうのが良いでしょう。

これにより、毎日の食事が単調にならず、新しい味や料理を楽しむことができます。

食事にかける時間が圧倒的に少なくなる

食費の宅配サービスでは、食事にかける時間を大幅に減らすことができます。

自炊の場合、買い物に行き、献立を考え、料理をする必要があります。

その後、食事をした後には、皿や調理器具を洗う必要があります。

これには時間や手間がかかります。

一方、食事の宅配サービスでは、調理、食事、片付けの手間が少ないです。

食事の宅配サービスでは、食材が調理済みの状態で届き、電子レンジで簡単に加熱するだけで済みます。

また、食事後は容器を捨てるだけで片付けが完了します。

食事の宅配サービスを利用することで、手間をかけずに食事を楽しむことができます。

栄養バランスにも気を使える

食費の宅配サービスを利用することで、栄養バランスにも気を使えます。

多くの食費の宅配サービスは、管理栄養士が監修をしており、栄養バランスの良いメニューを用意しているサービスが多いです。

これにより、ユーザは健康的な食事を手軽に摂ることができます。

食費の宅配サービスを利用することで、栄養バランスに気を使いながら手軽に健康的な食事を摂ることができます。

一人暮らしの男性にとって、時間や手間をかけずに健康的な食事を楽しむことができるのは大きな利点です。

食費を15000円に抑えることに関する質問

パスタ類

ここでは食費を抑えることに関して、よくある質問に答えていきます。

  • 1ヶ月の食費は大人でいくらですか?
  • 1週間3000円以内でできる1週間レシピを知りたい

順番に解説します。

1ヶ月の食費は大人でいくらですか?

一人暮らしの男性の場合、一般的には手取り金額の15%から20%程度を食費に充てるのが一般的です。

これは、生活費の中でも食費が大きな割合を占めるため、節約や健康的な食生活を心がけることが重要です。

私は月によって外食が増えたりすると、次の月に調整するなどしています。

1週間3000円以内でできる1週間レシピを知りたい

私は自炊の時、女性YouTuber「りんのおうちごはん」のレシピを結構参考にしています。

このチャンネルは1週間の食費を2000~3000円程度で済ませるような自炊レシピを紹介しています。

見どころは、動画のはじめに見せてくれるスカスカな冷蔵庫と、スピード感あるレシピ紹介です!

味噌汁や余った野菜や肉を次の日のメニューに活用することで、食材の無駄を減らし、費用を抑えることができます。

具体的なレシピについては、以下のURLから「りんのおうちごはん」さんの動画をご覧ください!

りんのおうちごはん「食費1ヶ月1万円の一人暮らしごはん」

まとめ

野菜類

本記事では、食費を15000円に抑えるための基本情報を踏まえて、様々なコツを紹介しました。

週ごとに使う予算を決めることや、週1回のまとめ買い、買い物リストの作成など、計画的な食材の管理が重要です。

また、作り置きやレトルト、缶詰を活用することで、手軽に食事を準備することができます。

旬の食材や冷凍保存も有効な手段です。

中でも、自炊せずに食費を抑えたい方には、食事の宅配サービスを利用するのがおすすめです。

食事の宅配サービスを利用することで、食費を節約できるだけでなく、食事にかける時間も大幅に減らすことができます。

さらに、栄養バランスにも配慮することができます。

食費を抑えるためには、計画的な食材の管理や賢い買い物、食事の準備方法の工夫が重要です。

自身の目標やライフスタイルに合わせて、無理せず効果的な方法を探してみましょう。

食卓に革命!一人暮らしの新習慣、食事の宅配サービス

タイトルとURLをコピーしました