自炊しないで食費の節約はできる?食生活を手軽に楽しむ方法

自炊しないで食費の節約はできる?食生活を手軽に楽しむ方法 食費

はじめまして、宅食オタクのてるです。

本記事では、自炊なしで食費を抑えるコツ、具体的な方法を解説します。

ところで、食費を抑える方法について悩んではいませんか?

日々の生活で食費を節約したいと思っている方にとって、自炊をしない方法も一つの選択肢です。

しかし、その際にはいくつかの注意点や悩みが生じるかもしれません。

この記事では、自炊をしないで食費を抑えるための方法や注意点について詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてください!

食費を抑えるための基本

野菜群

まず、食費を抑えるための基本情報をお伝えします。

  • 自分の食費を知る
  • 予算を決めよう
  • 買い物リストを作成する

順番に解説します。

自分の食費を知る

食費を抑えるためには、まず自分の平均的な食費を把握することが大切です。

食費の目安は、手取り収入の15%から20%程度と言われています。

家計簿などをつけて、お金の流れを把握しましょう。

予算を決めよう

予算を決めることは、食費を抑えるための基本です。

食費を抑えるためには、まず自分の支出の傾向を把握することが必要です。

平均が分かったら、それを目安に予算を決めることが重要です。

私は、1カ月3~4万円を食費に当てています。

たまに、友人との食事や外食が増えた月など、予算オーバーしてしまうこともあります。

そうしたら、次の月に調整するようにしています。

予算を決める際には、自分の生活スタイルや好みに合わせて柔軟に対応することが大切です。

決めた予算を守りつつ、ストレスなく食生活を送るために、自分に合った方法を見つけてみましょう。

買い物リストを作成する

買い物リストを作成することも、食費を抑えるために重要です。

買い物リストを作成することで、余計な買い物や衝動買いを抑えることができます。

また、買うものを事前に決めておくことで、まとめ買いをし、買い物自体の回数も節約できます。

買い物の回数が増えてしまうと、その分衝動買いをしてしまう機会も増えます。。。。

出費を抑えたい一人暮らしの方は、ぜひ買い物前に、買い物リストを準備してみてください。

自炊をしないメリット

パスタ

ここでは、自炊しないことのメリットをいくつか紹介します。

  • 食費の管理が楽
  • 片付けが楽
  • 献立を考えなくて良い

順番に解説します。

食費の管理が楽

自炊をしない場合、食費の管理が楽になります。

自炊をしないと、食材の買い出しや料理の手間が省けるため、支出の管理がしやすいです。

外食や惣菜を利用すれば、その日の食費が明確になるため、予算管理がしやすくなります。

ですが、外食などに頼ることが多くなると、金額もふくらみがちなので、注意が必要です。

片付けが楽

自炊をしない場合、片付けが楽です。

自炊をすると、生ごみの処理や洗い物、お皿や箸の片付けなど、料理後に行う家事が多く発生します。

また、食事後におなかいっぱいになっている状態での片付けは、結構面倒です。。。

一方、自炊をせずに総菜や外食をする場合、基本的には食べ終わった容器や包装をゴミ箱に捨てるだけで片付けが完了。

食後の家事を気にすることなく、食事を楽しむことができます。

献立を考えなくて良い

自炊をしない場合、献立を考える手間や食材の買い出しの必要がありません。

また、その日の気分や食欲に合わせて外食やお弁当を選ぶことができ、食事の幅が広がります。 

例えば、外食では手軽にいろんな料理を楽しむことができ、自宅では自炊では難しい料理も気軽に味わえます。 

自炊をしないメリットは、食事の選択肢を広げるだけでなく、食事の準備にかかる手間や時間も削減できることから、一人暮らしの男性にとって便利な方法と言えます。

一人暮らしで食費を抑えるのが難しい理由

調味料

ここでは、一人暮らしで食費を抑えるのが難しい理由を解説します。

  • 食材が多く、食品ロスになりやすい
  • 調味料は大容量で無駄になりやすいから
  • コンビニや外食に頼りがちになるから

順番に解説します。

食品ロスが多くなってしまうから

一人暮らしで食費を抑えるのが難しい理由の一つは、食品ロスが多くなってしまうことです。

一人暮らしでは、食材を購入すると余ってしまうことがよくありますよね。

スーパーマーケットなどで販売されている食材は、大抵家族向けの量が入っています。

一人暮らしの場合には一度に使い切れない量を買うことに。。。。

その結果、食材が腐ってしまうなどの食品ロスが発生します。

食材を無駄にせず、食品ロスを減らすためには、購入時に必要な量を計画的に考えることが重要です。

調味料が無駄になりやすいから

一人暮らしで食費を抑えるのが難しい理由の一つに、調味料が無駄になりやすいことが挙げられます。

調味料は使う量が毎度少量であるにもかかわらず、大容量の容器に入っていることが多いです。

また、開栓するとすぐに賞味期限が来る調味料も少なくありません。

例えば、醤油やポン酢などの調味料は、一度開栓すると賞味期限が短くなることがしばしば。

また、スパイスや調味料の粉末類も大容量の瓶や缶に入っており、一人暮らしの場合は使い切るのが難しいです。

一人暮らしの方は、調味料の購入時に賞味期限や容量に注意し、無駄を減らして食費を抑えることが大切です。

コンビニや外食に頼りがちになるから

コンビニや外食に頼りすぎると、一人暮らしで食費を抑えるのが難しくなってきます。

コンビニや外食は非常に便利ですが、その便利さと引き換えに、コストがかかります。

これらの選択肢を頻繁に利用すると、月末には予想以上の食費がかかってしまうことも。。。。

また、外食やコンビニでの食事は一食あたりの価格が高いことが多く、その積み重ねが食費の増加につながります。

自炊をしないで食費を抑える時の注意点

パスタと野菜

ここでは、自炊以外で、食事をするときの注意点を紹介します。

  • 栄養の偏りに注意する
  • 外食をしすぎない

順番に解説します。

栄養の偏りに注意する

自炊をしないで食費を抑える際には、栄養の偏りに注意が必要です。

主食(ご飯やパン)、主菜(肉や魚)、副菜(野菜など)のバランスが重要です。

しかし、自炊をしない場合、主菜が多くなりがちで、副菜や野菜が不足しがちになります

これにより、栄養のバランスが崩れ、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

たとえば、外食やコンビニでの食事では、主に炭水化物や糖質が多く含まれたメニューが多く、ビタミン、ミネラルが不足しがちになります。

そこで、野菜が豊富に含まれたメニューやサラダなどを積極的に選ぶことで、栄養のバランスを保つことができます。

自炊をしないで食費を抑える際には、栄養バランスを意識し、野菜を中心とした食事を心がけることが重要です。

外食をしすぎない

外食をしすぎないことが、自炊をしないで食費を抑える上で重要です。

外食は便利で手軽だが、その便利さと引き換えにコストがかかります

また、外食では高カロリーなメニューが多く、栄養バランスを考えることも必要になります。

自炊ができない原因

片づけられない食器

ここでは、自炊ができない・長続きしない原因について説明します。

  • 調理が面倒
  • 買い出しが面倒
  • 片付けが面倒

上記3つ、順番に解説します。

調理が面倒

自炊ができない原因の一つは、調理が面倒だと感じることです。

自炊は本当に面倒ですよね。。。

食材を切ったり、調味料をいろいろ入れたりする手間の掛かる工程が多いです。

日々忙しい中で調理に時間を割くことが難しいと感じる人も多いと思います。

また、スキルがないと失敗したりして、食事自体を楽しめないことも。。。

自炊を継続するためには、手軽で簡単なレシピや調理法を取り入れることが大事です。

また、食材のカットや下ごしらえをする際には、時短できる便利な調理器具を利用することや作り置きなど、工夫することで調理の負担を軽減できます。

買い出しが面倒

食材の買い出しも面倒です。

買い出しのための出かける準備や、仕事帰りの疲れを考えると、面倒であることが多いですね。

また、スーパーや食料品店での買い物ではついつい余計な物まで買ってしまうこともあり、結果として食費が予想以上にかかることもあるでしょう。

片付けが面倒

片付けが面倒なことも、自炊をしない理由になります。

食後の片付けが本当に面倒です。

食器の洗い物やシンクの生ごみなど、手間が掛かることが多く、それが自炊を面倒くさくさせています。

特に一人暮らしの場合、自分で全ての家事を行う必要があるため、その手間を考えると自炊をすること自体が負担に感じられますよね。。。。

自炊をするにあたっては、「片付けが面倒くさい問題」は避けて通れません。

自炊しないで食費を抑える方法

包丁と野菜

続いて、自炊しないで食費を抑える具体的な方法を説明します。

  • 主食は用意する
  • 惣菜を買う
  • 缶詰やレトルト食品を頼る
  • 食事の宅配サービスを利用する

順番に解説します。

主食は用意する

まず、主食だけは自分で用意しましょう。

主食は食事の基本であり、自分で用意することでコストを抑えることができます。

例えば、お米を主食とする場合、大量に炊いておいてすぐに冷凍することで、いつでも使えるストックになります。

また、パスタも日持ちする良いストック主食です。(パスタは自炊が必要ですが。。。)

冷凍でごはんをストックしておけば、毎度炊く手間を省くことができるため、忙しい日常でも手軽に食事を摂ることが可能です。

自炊をしない一人暮らしでも、主食を用意することで食費を抑えることができます。

惣菜を買う

主食の準備ができたら、惣菜を買いましょう。

惣菜主食があれば、それだけで食事を完成させることができるため、自炊に比べて手間がかからず、簡便です。

例えば、スーパーの惣菜コーナーや、コンビニのおかずシリーズなどがあります。

これらの惣菜は、一品ずつ購入することができるため、自分の食欲や予算に合わせて選ぶことができます。

特にコンビニでは、500円以下でおかずを揃えることができるため、コスパも良いです。

自炊しないで食費を抑える方法として、惣菜を買うことは有効な手段です。

缶詰やレトルト食品を頼る

食費を抑えるためには、缶詰やレトルト食品、冷凍食品を活用することも有効です。

これらの食品は、日持ちするうえに多様な種類があり、食事のマンネリ化を防げます

また、価格が比較的安く、コスパが良いのも特徴です

例えば、缶詰やレトルトのスープ、カレー、シチューなどは、多くの種類がスーパーやコンビニで手に入り、便利です。

一方で、添加物が多い場合もあるため、栄養表示を確認し、バランスの取れた食事に心がけることが重要です。

缶詰やレトルト食品を活用することで、手軽に食費を節約し、健康面も考慮した食事を摂ることができます。

食事の宅配サービスを利用する

自炊以外で、食費を抑えたい方におすすめしたいのが、食事の宅配サービスです。

食事の宅配サービスとは、冷凍されたおかずがまとめて自宅に届く宅配弁当サービスです。

食べたい時は、電子レンジで加熱するだけで調理が完了し、片付けも容器を捨てるだけで終わります。

1食500円以下で利用できるサービスや、1食800~1000円くらいするが、味にこだわりのあるサービスなど、様々な種類があります。

下記の記事でまとめているので、ご興味ある人はぜひ参考にしてください。

食卓に革命!一人暮らしの新習慣、食事の宅配サービス

食事の宅配サービスで自炊をしないで食費を抑える方法

人参

大変便利な食事の宅配サービスですが、うまく利用することで食費の節約もできます。

ここでは、食事の宅配サービスで食費を抑えるコツを紹介。

  • 定期購入にする
  • 最大食数にして送料を抑える

順番に解説します。

定期購入にする

食事の宅配サービスの定期購入が、自炊をしないで食費を抑える効果的な方法です。

定期購入することで、送料が無料になる場合や単品購入よりも1食あたりの料金が安くなることが多いです。

また、都度購入する手間や時間も削減できるため、一石二鳥です。

例えば、定期購入をすると、月に一定の回数や期間で食事が届くため、毎回都度注文する手間が省けます。

また、定期購入の場合、多くのサービスが送料無料やクーポン割引特典があり、その結果として1食あたりの費用が安くなることがあります。

これにより、自炊をせずとも食費を抑えることが可能です。

一人暮らしの方で、自炊が苦手な方や時間がない方は、食事の宅配サービスを検討してみる価値はあります。

食卓に革命!一人暮らしの新習慣、食事の宅配サービス

最大食数にして送料を抑える

食事の宅配サービスを利用する際には、最大食数にして一度に配送を受けることで送料を抑えましょう。

食事の宅配サービスを利用する際には、利用料金の他に配送時の送料が掛かります。

この送料を節約するためには、一度に多くの食事を配送してもらうほうがお得です。

例えば、7食を3回に分けて配送してもらうよりも、21食を一度に配送してもらうほうが送料を抑えることができます。

一度に多くの食事を配送してもらうことで、送料を一回分にまとめることができ、結果として食費を節約することが可能。

食事の宅配サービスを利用する際には、最大食数にして一度に配送を受けることで、効率よく食費を抑えることができます。

食卓に革命!一人暮らしの新習慣、食事の宅配サービス

自炊しないで食費を抑えること関する質問

トマト

ここでは、自炊に関してよくある質問に答えます。

  • 自炊しない方が安い?
  • 自炊しなくても栄養バランスは大丈夫か?

順番に解説します。

自炊しない方が安い?

結論、自炊しない方が、食費を抑えることができます。

料理が苦手な人や時間が限られている人にとっては、外食やテイクアウト、食事の宅配サービスを利用する方が、食費を抑える上で有利です。

外食やテイクアウトの場合、一度に必要な分だけ注文し、自炊のように食材を余らせることなく済ませることができます。

また、食事の宅配サービスを利用すれば、料理の手間や買い物の時間を節約でき、結果としてコストを削減することができます。

自炊しなくても栄養バランスは大丈夫か?

自炊しなくても栄養バランスを保つ方法はたくさんあります。

最近では、コンビニやスーパーマーケットでも栄養バランスが整った食事が手軽に手に入るようになってきています。

さらに、食事の宅配サービスでは、管理栄養士が監修したメニューが提供されており、単身世帯の人が不足しがちな栄養素にも配慮されている。

下記で紹介している、MUSCLE DELI(マッスルデリ)は、一人暮らしの人が不足しがちなタンパク質に特化したメニューを多数用意しています。

MUSCLE DELIは、栄養バランスが考慮されており、一人暮らしの男性が必要とする栄養素をしっかり摂取できます。

ご利用の検討をしてみてください。

【マッスルデリ】理想の体型へ、出来る男だけの特権

まとめ

自炊器具

本記事では、自炊をせずに食費を抑える方法について、理由や解決方法、具体的な行動まで紹介しました。

「食費を抑えるには、自炊しよう」と言われるけど、実際めんどくさいですよね。

夕飯すべてを自炊しなくても、例えば、主食だけでも用意して、あとは、惣菜や缶詰、レトルト食品を活用して、食費を節約できます。

また、食事の宅配サービスを利用することで、手間を省きながら食費を抑えることもできます。

自分自身の目的に合わせて無理なく節約できる食生活を探してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました